« まだウユニです<2005.02.16> | トップページ | チリ・カラマ<2005.02.18> »

2005年2月19日 (土)

ボリビア・ウユニからチリ・カラマへ<2005.02.17>

050217Avaroaようやくボリビアのウユニ脱出です。長かったぁ。昨日は日本人の社会人の方と食事していました。休みの度に世界を旅されてるとか。うらやましい限りです。そのあと、宿に戻って、早めの睡眠。何故かというと、バスが3:00AMに出発するからなのです。2:00に起床、そして、荷物をパッキングした後、バスの集まり場へ夜道を向かいました。一応、チケットには2:30には来い、って書いてあったので。ただ、ここはボリビア、すぐにバスになんて乗れっこないのです。

2:30に乗り場に到着、そこでバスを待つこと2時間。南半球の南米は現在夏なのですが、ここウユニは標高3600mレベルの町。昼間の日差しが暑くても、夜はメチャクチャ冷え込みます。風は強いし、なけなしの防寒具しかないので、本当に凍えるかと思った。寒くなると眠くなるってホントですね。実感しました。

そして4:00過ぎ、バス到着。やっとの思いで乗り込みました。そこからかなりの悪路を5時間ほど進みます。荷物をトランクルームに入れ忘れ、荷物の下敷きになりながら、しかも、凍える寒さの中、ガタガタの道を進むことほど、耐え難いものはありません。気づけばバスは何もない荒野を走行中。途中途中で道路が寸断されたり水没、していたりとうまくは進みません。そこにさらに追いうち。おなかの調子が悪くなってきてしまい、最悪の行程でした。

ウユニ発のバスはボリビア・チリ国境のボリビア側アバロアまで。そこでバスを降り、ボリビアのイミグレで出国手続き。すんなりと済ませた後は、すぐ近くに止まっていた、チリ・カラマ行きのバスに乗り込む。ここで9:30を過ぎたあたり。ここからが耐えの始まりでした。

結局バスが出発したのが12:00過ぎ。3時間近く動かないバスで待機。ガラガラだったのに、ボリビア人が大量に乗り込んできたところで出発。と思いきや、すぐ隣、チリ側オリャグエですぐにストップ。チリのイミグレはかなり厳しいので、一人一人時間がかかるみたいで、結局ここでも1時間以上待ち。国境だから交易とかで栄えてそうな町を想像しますが、ここアバロアとオリャグエ、何もない荒野。イミグレの建物と駅舎しかないんです。結局、何もせずに待ちました。

チリのイミグレでは、「お前は日本人か、空手できるか?空手家か?」とか意味不明の質問を受け、荷物チェックを受けて通過。荷物を再度積み込んで、しばらくした後バスに戻ると、自分の席が何者かに取られている様子。服とかおいてあるし。おそらく一人で2席分使いたいのだろうか、まったく身勝手な人たちである。とりあえず、服を押しのけ、「自分の席」に座り、服を取りに来たやつにケンカでも売ってやろうか、という態度で待っていると、結局バスが出発しても誰も取りに来ない。びびったのだろうか?まぁ、取りに来たときに日本語にて抗議しよう。

バスはアタカマ砂漠を走行。砂がバス内に飛び込んできてかなり大変な砂埃状態。息をするのも辛いくらいでした。しかも、隣(通路を挟んで反対側)のおばちゃん(ボリビア人)が足を投げ出し、自分の腰あたりに突き出してる。ってか、腰に足の裏をくっつけられていたに等しいくらい。彼らはバスの乗ってきたあたりから、かなり横柄な態度をとってたんだけどね。実は、このおばちゃんが「自分の席」を盗んでいた張本人。カラマ到着直前に、ぱっと自分の衣類を取り去って何食わぬ顔で立ち去っていきました。おいおい。ボリビア人の印象、良かったのに、このおばちゃんのせいで全体の印象が最低ランクまで落ちてしまいました。

バスは4時間ほどでカラマに到着。チリはボリビアと同じ時間帯ですが、サマータイム採用国なので1時間プラス。20:00頃の到着でした。途中、砂漠を抜けるのでかなりの悪路なんですが、カラマ直前からは舗装路に変わり、チリの経済的な優位さを実感。カラマの街自体はかなり発展してました。

ウユニからチリへ抜ける方は、相当な悪路と、予定の日時にバスもしくは列車は動かない可能性が高い、ということを考慮の上で抜けてくださいね。個人的には今まで越えてきた国境の中で、大変さベスト3に入ります。

|

« まだウユニです<2005.02.16> | トップページ | チリ・カラマ<2005.02.18> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42915/2990279

この記事へのトラックバック一覧です: ボリビア・ウユニからチリ・カラマへ<2005.02.17>:

« まだウユニです<2005.02.16> | トップページ | チリ・カラマ<2005.02.18> »