2004年10月 4日 (月)

Internetも1Gの時代が

ソフトバンクBBが光ファイバーによる1Gbpsのインターネットサービスの提供を開始(InternetWatch

いやー、光も1Gの時代ですか。ホント早くなりましたよね。うちはADSL40M(でも、距離が遠いから実質3M)使ってるんですが、全然快適に使わせてもらってます。1Gなんて夢の数字かと思ってたら、割とあっけなく出現しましたね。おそらくベストエフォートだから下りで実質いくら出るのかわかりませんが、それでも脅威的数字ですよね。

昔、といってもそんな昔じゃないけど、ダイヤルアップで56kbpsが出て、めちゃくちゃ早くなったと騒いでいたあの頃が懐かしいです。しかもK56flexX2規格が混在して、最終的にV90として統一された、って経緯もありますしね。
私が使っていたモデムの速度でも、14400bps、28800bps、33600bps、56000bpsな具合に増えていきました。もっとさかのぼると2400bpsなんて速度もあったぐらい。当時はパソコン通信の時代だったもんで、14400bpsとかでも全然問題無かったんですけどね。テキストベースだし、基本的に圧縮されてるし。大手も使ってましたが、何と言っても草の根BBSを楽しませてもらってました。いやー、懐かしい。
あと、「音響カプラー」なんて品もありましたね。モジュラージャックがない場所でも通信出来る!ってのが売りで、特に外出先の公衆電話等から使う、って形態を想定して作られてたんですが、現在は、ほとんどの公衆電話にジャックがあるし、よほど古い家でなければモジュラージャックあるし、何と言っても携帯電話・PHS等の爆発的普及によって記憶の片隅に追いやられてしまうようになりました。というか、私の世代で知ってる人は皆無に近いかと。

これからどのくらいまで早くなるんだろう。。CPUのクロック競争に似てるな、とか思いつつ、このサービスの動向に注目、ということで。でも、ソフトバンクBBだから、何かしらやってくれるでしょう。いろんな意味で。

ソフトバンクBBのニュースリリースはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)