2005年7月 7日 (木)

ロンドンで同時多発テロ発生

仕事から帰ってきて、何気なくつけたテレビで報じられる、イギリス・ロンドンの同時多発テロ
サミット開催中のイギリスでテロが行われたことは、ある意味、国際社会への挑戦ともうけて取れます。ふと頭をよぎるのが、イラク戦争に一番理解を示していたのが英国であるということ。つまり、狙われるに相応の経歴があったということで、日本も例外ではなくなってくるのではないでしょうか。次はもしかして東京?なんていう、恐怖も覚えつつ、極悪非道なテロリズムに対し、憤りを感じます

世界各地テロ攻撃が相次ぐ中、テロに対する意識も変わりつつあるようですが、まだまだ、日本国内では一般市民におけるテロへの危機感は薄いようです。国家機関や公共機関はかなり敏感になりつつあるみたいですが。明日は我が身と肝に銘じ、日々暮らしていくしかないですよね。こればかりは避けたくても、準備のしようが無いですからね。しいて言えば、地方に移住するということぐらいでしょうか。

明日も仕事だし、そろそろ寝ようかと思っていた矢先のニュース、今の憤りを忘れないためにも、とりあえず、ブログにメモっておきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年9月27日 (月)

新しい人名漢字

以前からいろいろと議論を呼んでいた、新しい人名漢字に関する戸籍法の施行規則が今日27日に改正されました。
発表段階で批判が相次いでいた「尻」とか「禿」など、人名にそぐわない漢字88文字が削除となり、結果488字が追加されることになりました。

たとえば、「林檎(りんご)」とか「苺(いちご)」などの命名が可能に。また、「椰子(やし)」なんかも使えたりします。
まぁ、子供に名づけるのはまだまだ先ですが、選択肢が増えるのはいいことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)